メンズ

新築アパート投資の魅力について把握しよう

メンテナンスは必要

集合住宅

マンション経営は、ローンを利用するにあたり団体信用生命保険に加入するため、生命保険代わりにも利用することが出来ます。気をつけたいのは物件の経年劣化による傷みです。入居者は見た目をとても大事にするので空室を出さないためにも物件の修繕、メンテナンスには気を配るようにしましょう。

もっと読む

管理を任せる

集合住宅模型

アパートやマンションの大家になれば、賃貸に関する管理をいろいろとやらなければならなくなります。最近では、大家さんの仕事の大部分を、請け負ってやってくれる賃貸管理会社もあります。

もっと読む

アパート経営をする

アパート

新築のメリットは

不動産投資にはいくつかの種類があり、その中でも建物を作り誰かに貸し出すものは王道とも言えるものです。この種類としてはマンション、テナントビル、アパートなどがありますが、もっとも投資費用が抑えられるのがアパートです。アパートの定義はさまざまですが、一般的には軽量鉄骨造や木造で作られた低層の共同住宅になります。このため鉄筋コンクリート造のマンションに比べると建設コストが安く、初期投資にかかる費用を軽減することができます。アパート投資では、新築アパートと中古アパートがありますが、新築アパートでは新築というメリットから入居者が集まりやすいといったメリットがありますし、アパートの場合には新築も中古も大きな差がないといった点も新築が支持される理由です。

新築の注意点

新築アパートにしても不動産投資をする上で重要なのが将来の収益性です。利用者が居なければ家賃収入は得られませんし、場合によっては建物の維持コストで赤字になる可能性もあります。またアパートの場合には軽量鉄骨造や木造といった、やや耐久性に劣る建物ですのでマンションと比べて耐用年数が短いといったこともあり、早めに投資した金額を回収できるように努めなければなりません。このため新築アパートの時点で十分な入居者を確保する必要があります。これらを確実にするためには事前のリサーチが重要です。駅前などは比較的需要が高いですし、工場やビジネス街、また大学などのある周辺では安価な住宅の需要が豊富で新築アパートを建てるのに適しています。

家賃トラブル防止に最適

男性

家賃債務保証会社の利用は、現代のマンション経営において欠かせないものとなりつつあります。連帯保証人が用意できない入居者に対しても有利なシステムですが、不動産オーナーにとっても強い味方になってくれるサービスです。

もっと読む