メンテナンスは必要|新築アパート投資の魅力について把握しよう
積み木

新築アパート投資の魅力について把握しよう

メンテナンスは必要

集合住宅

マンション経営といえば、長期的に安定した収入を得られる投資というイメージが強いですが、その他にも他の投資と比べてメリットとなる部分があります。マンション経営は始めるにあたってローンを利用することになります。そのローンを契約する際には団体信用生命保険という保険に加入しなければなりません。この団体信用生命保険というのは契約者が万が一死亡してしまったり、重度の障害状態になってしまった場合に、契約者に代わりローンの返済を行ってくれる保険です。このように万が一の事態が起こっても保険会社がローンの返済を行ってくれるので、遺族は契約者の賃貸収入をそのまま引き継ぐことが出来ます。こうした生命保険の代わりになるという特徴を持っていることから投資にマンション経営を行う方も少なくはありません。

マンション経営の注意点としてあげたいのが経年劣化による建物の傷みです。どれだけ優れた技術を用いて造られた建物でも時間の経過による建物の傷みを避けることは出来ません。入居者が一番目に留め気にするのが見た目の善し悪しです。せっかく良い立地にある建物でも外観にひび割れがあったり、内装が汚れていたりすると、入居者は一目見た時点で入居の考えをなくしてしまいます。空室が生まれるとその分だけ収入が減ってしまいますので、空室を生じさせないためにも建物の老朽化にはしっかりと目を配り、定期的にメンテナンスや修繕を行うことが大切となります。建物のメンテナンスや修繕さえ怠らなければ、入居者は自然と集まりますので、マンション経営を行う際には物件の状態を常に把握しておくようにしましょう。